2017/09/22

おさんぽ




最近散歩をした。といっても三週間くらい前だが無気力過ぎて書けなかったので遅くなってしまった。

土曜日の朝、早朝に目覚めたのでふと下り方面の電車に乗り高幡不動で降りた。駅周辺を徘徊し、すぐにマックとモスバーガーなどを見つけそれなりに栄えているのかと思ったがあまり目立つ店はなかった。早朝だったからかもしれない。そのまま目的地である高幡不動尊金剛寺に行った。
 
金剛寺は1000年以上の歴史を持つお寺らしい。境内の案内を見ると、裏山に88体の地蔵が置いてあり四国の八十八ヶ所巡りを模した道があるらしいので巡ってみた。ひねくれものなので逆打ちで。参道は小さな山にぐるぐると巡らされており、とても自然豊かであった。今にも咲きそうなつぼみを持った彼岸花がいたるところに植わっており、満開になったらさぞ美しい情景であろう。開花しているものをスマホで撮影したつもりだったのだが、なぜかクラウドから消失していた( ;∀;)
なお上の写真は残っていた高幡不動尊見晴台からの景色である。

所要時間は30分ほどであったと思う。一応参拝もして不動尊を後にし、久々にマックで朝ご飯を食べながら地図を見ていると近くに百草園(もぐさえん)という庭園があることを知り川崎街道沿いに歩いた。川崎街道は、川崎に繋がる街道であるが、神奈川県に入ると府中街道に名前が変わるらしい。(くわしくはhttp://www.amy.hi-ho.ne.jp/d08343/sonota/f35200.html

30分ほどで百草園についた。道中は特に何もなかったが、街道から垂直に百草園に行くまでの坂道が500mほどありとても急であったので運動不足の身にはきつかった。トレーニングのために往復している人もいた。

そんな急こう配を上った先にある百草園は、庭園というよりは山であった。入口から少し上ったところにちょっとした日本庭園はあったが、メインはその上の山である。高幡不動尊でだいぶ自然を感じていたが、ここはさらに木々が生い茂っていて自然そのものであった。見晴台からは東方面が一望でき、西新宿のビル群やそのさきのスカイツリーまで目視することができた。客は自分しかいなかったが、管理されている方が5人もおり、さすが京王電鉄運営だと思った。駅名にもしているし、おそらくイベントなどでは多くの集客があるのだろう。なお、この日記を見て行こうと思う人はいないとは思うが、正門が閉まっており少し奥の臨時門しか開いていなかったので注意されたい。

ここまで書いて面白みのなさに逆に笑ってしまった。でも続ける。

30分ほど徘徊してから百草園駅に戻り、府中へ向かった。大國魂神社に行くためである。沿線に住んでいてずっと気になっていたのでようやく行けた。府中は降りたのも初めてであったが、なんとなく大宮に似ていた。まあ、大きな神社がある町は参道が道路にされている場合だいたい同じような感じになるけれど、府中がとても商業的にさかえているのを知らなかった。 神社をサラッと散策したころには30℃超えの中を歩き回っていたことによる疲労が限界に達し、帰路についた。

高幡不動尊や百草園は紅葉の季節にまた行ってみようと思う。またいずれもイベントの際には人が多く集まり盛り上がるみたいなので、そういう機会を狙って行ってみるとより楽しめるかもしれない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...